> > パナソニック電工、ネットワーク対応の高機能型EV充電スタンドを発売

パナソニック電工、ネットワーク対応の高機能型EV充電スタンドを発売

記事を保存

パナソニック電工は、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHEV)充電用充電設備「ELSEEV(エルシーヴ)」シリーズとして、2012年1月より、住宅向け充電器「ELSEEV hekia(ヘキア)」とパブリックエリア向けスタンド型普通充電器「ELSEEV」Mode3を販売する。

「ELSEEV hekia」は、充電ケーブルを搭載し、車載ケーブルの取り出しが不要で充電の利便性に優れたMode3対応の充電器。自動車との接続確認機能も搭載していて、より安全で確実な充電を実現する。

別売の専用ピークコントロールボックスと連携することで、家庭全体の電気使用量に応じて、自動で充電電流値をコントロールすることが可能。さらに別売の専用おしらせユニットと接続すると、電気の使いすぎや充電状態の変化を音声とブザーで知らせてくれる。

パブリックエリア向け充電スタンド「ELSEEV」Mode3も、充電ケーブルを搭載し、充電の利便性に優れている。Mode3に対応しているのが特長。自動車との接続確認機能も搭載されている。また、スタンド1台で複数台充電ができ、パブリックエリアでの充電にも対応できる。

同製品は、標準タイプと高機能タイプの2種類があるが、高機能タイプには、利用者の認証機能や通信機能が搭載され、ネットワーク対応による各種サービスとの連携が可能。

なお、Modeとは国際規格で定められた充電方式。Mode3とは普通充電において充電器側に制御回路を内蔵したものを指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.