> > NEC、EV用充電器の運営を支援するクラウド対応型サービスを開始

NEC、EV用充電器の運営を支援するクラウド対応型サービスを開始

記事を保存

NECは、電気自動車(EV)用充電器を設置する事業者向けに、事業者の運用を支援するクラウド対応型急速充電器、およびクラウド型充電サービスの販売を開始したと発表した。

今回発売するクラウド対応型急速充電器は、グループ会社である高砂製作所製の充電器をベースに、クラウド対応機能を追加、充電サービスの対応機能も実装した。また、クラウド型充電サービスでは、事業者が遠隔での充電器の制御・監視や、会員認証等を可能とした、充電器の運用支援および充電器の利用促進を支援するサービスを提供する。

従来の充電器は、事業者が遠隔で利用状況を監視したり、運用保守を行う機能が実装されていないため、事業者が常駐する敷地内に充電器を設置して運用するケースが多かった。そのため、充電器の設置場所が限定され、充電器の普及の障壁となっていた。

同社は、充電器とクラウドを連携させることで、これらの状況を改善するための製品とサービスを提供する。また、今後は、他社製充電器と本サービスとの連携についても検討していく。

クラウド型充電サービスでは、具体的には以下のサービスを提供する。「遠隔制御(エネルギーマネジメント)サービス」では、同社が提供する制御画面から充電器の休止や再起動に加えて、充電電力を設定できる。例えば、電力利用量の高い時間帯には充電電力のピークを抑えることができる。「遠隔監視サービス」では、同監視画面から充電器の運用状況を監視できる。

その他、非接触ICカードを用いた充電時の「会員認証サービス」、会員の利用実績をクラウド側で管理し、利用者に利用料を請求する情報等を提供する「利用状況管理サービス」、利用者が充電器の場所を探すことができる「位置情報・利用状況の配信サービス」、利用者の携帯端末などに充電完了通知のメールを送信する「充電完了通知サービス」、「運用・保守サービス」などを提供する。また、電子マネーによる課金サービスなども提供していく予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.