> > 王子製紙、北海道の社有林地内で地熱発電共同調査実施

王子製紙、北海道の社有林地内で地熱発電共同調査実施

記事を保存
王子製紙、北海道の社有林地内で地熱発電共同調査実施

王子製紙と大林組は、王子製紙社有林の美瑛山林(北海道上川郡美瑛町、3,152ha)において地熱発電の共同調査を行うことで合意したと発表した。調査の結果、同地域が有望であると確認された場合、更なる調査を進め、事業化への検討を進めていく予定。

美瑛山林は、国の調査により、エネルギー量の高い地熱貯留層があることが判明しており、今回の共同調査では、重力・電磁探査等の地表調査を実施して地熱ポテンシャルを確認する。

王子製紙では、グループ資源を活用した資源環境ビジネスの拡大を目指しており、発電事業をその大きな柱の一つと位置付けている。今回の地熱発電共同調査もその一環で行われる。また、同社では、既にグループが保有する水力発電所や、各工場のバイオマスボイラー等を活用した発電事業を行っており、北海道に所有する6カ所の水力発電所のリフレッシュに約20億円を投資するなど、発電事業の強化を進めている。今後、バイオマス・太陽光・風力などの再生可能エネルギーを活用した発電事業についても拡大を図っていくとしている。

地熱発電は、地下深部から供給される熱源により温められた熱水・蒸気を利用する発電方式。太陽光や風力などと同様にCO2の排出が少なく、また、安定した発電量が得られる再生可能エネルギーとして注目されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.