> > 古河電工、世界初 パルス放電による鉛バッテリ状態検知センサー開発

古河電工、世界初 パルス放電による鉛バッテリ状態検知センサー開発

記事を保存

古河電工と古河ASは共同で、パルス放電回路を搭載した車載用鉛バッテリ状態検知センサーを世界で初めて開発したことを発表した。同センサーの使用により、エンジン停止時やスターターモータを搭載していない車両においても、高精度な鉛バッテリの状態監視が可能となり、バッテリ上がり防止などに役立つ。今後、自動車の燃費改善やCO2削減のための発電制御やアイドリングストップ機能車への受注活動を行い、2015年までには世界シェアの10%以上の獲得を目指す。

バッテリの内部抵抗は、バッテリの放電性能、劣化度を把握するために非常に重要な指標となっている。従来、バッテリの内部抵抗は、エンジン始動時の電流、電圧応答から算出する方式が一般的だったが、この方式では、エンジン停止時や、スターターモータを搭載していない電気自動車(EV)/ハイブリッド車(HEV)では鉛バッテリの内部抵抗を測定することができなかった。

そこで古河電工は、センサー内に放電回路を搭載し、センサーが制御するタイミングでパルス状の放電を行い、この時の電流、電圧応答から内部抵抗を算出する状態監視技術を開発した。同技術は、グループ会社である古河電池がバッテリで起こる現象に対する電気化学的ノウハウを活かし、高精度化を実現している。

今回開発されたセンサーは、内蔵のパルス放電回路により、エンジン停止時、EV/HEVの補機バッテリに対しても、エンジン再始動性能など、鉛バッテリの高精度な状態監視ができる点、車両システムとは多重通信で接続できる点が特長。

また、パルス放電による内部抵抗とともに、バッテリの電圧、充放電電流、温度などを測定し、独自のアルゴリズムに基づいてバッテリ状態を検知し、車両システムへ出力。バッテリの状態を表す量には、車両の発電制御やアイドリングストップ機能に必要な「SOC(充電率)」「SOH(劣化度)」「SOF(放電能力)」などが用いられているが、現在すでに鉛バッテリのSOC、SOF検知が可能で、さらにSOHの検知技術を開発している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.