> > 環境省、被災地産J-VERを活用した支援事業で11件を採択、追加募集を実施

環境省、被災地産J-VERを活用した支援事業で11件を採択、追加募集を実施

記事を保存

環境省は、オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用した復興支援に係る事業者支援について、第2次募集分からカーボン・オフセット認証取得支援を11件採択した。また、本事業のカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援については、9月21日まで第3次公募を行う。

本事業は、被災地で創出されたJ-VER及び都道府県J-VERを活用したカーボン・オフセット及びカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援として同省が実施しているもの。具体的な支援内容としては、採択された事業者に対して、カーボン・オフセットプロバイダーが150万円(税抜き)/件を上限に、カーボン・オフセットの企画に対するアドバイス、温室効果ガス排出量算定・オフセット認証費用支援、情報提供ツール作成支援などの支援業務を行う。

今回、第2次募集分で、カーボン・オフセット認証取得支援事業として採択されたのは、環境会議所東北やセブン&アイ・ホールディングス、ファミリーマートなど、被災地におけるJ-VERを用いてカーボン・オフセットする11の案件。カーボン・ニュートラル認証取得支援についての採択はなかった。

第3次公募は、被災地産J-VER等を用いたカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援については、7月20日から9月21日まで受け付ける。採択件数は10件程度を想定している。

参考:環境省 - オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用した復興支援に係る事業者支援の採択結果及び追加募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.