> > 住友電工、横浜製作所でメガワット級大規模蓄発電システムの実証運転を開始

住友電工、横浜製作所でメガワット級大規模蓄発電システムの実証運転を開始

記事を保存

「レドックスフロー電池」と集光型太陽光発電装置(CPV)等から構成されるメガワット級大規模蓄発電システム 住友電工は、横浜製作所において、世界最大規模の蓄電池「レドックスフロー電池」と国内最大規模の集光型太陽光発電装置(CPV)等から構成されるメガワット級大規模蓄発電システムが完成し、7月24日より実証運転を開始したと発表した。

本システムの開発に当たっては、日新電機、住友電設、および明電舎とそれぞれと連携して進めてきた。本システムは、夜間電力や太陽光発電電力を貯蔵するレドックスフロー電池(容量1MW×5時間)と再生可能エネルギー源としてのCPV(28基、最大発電量200kW)から構成され、外部の商用電力系統とも連系する。また、本システムのCPV発電量、レドックスフロー電池の蓄電量および消費量は、エネルギーマネージメントシステム(EMS)によって監視され、計測データはEMSサーバで一括管理される。なお、実証運転開始時点では、CPV15基、最大発電量約100kWで、本年度末にCPV28基、最大発電量200kWとなる予定。

今回の実証運転では、太陽光発電や風力発電に代表される不安定な再生可能エネルギーの導入に対し、レドックスフロー電池を駆使することで電力の安定化を実現すると共に、電力不足の問題の軽減に貢献する。また、レドックスフロー電池とCPVに既設のガスエンジン発電機を組み合わせて、横浜製作所全体の電気エネルギーの最適運転を行うFEMS(ファクトリーエネルギーマネージメントシステム)の実証も開始する。本実証は、経済産業省「平成24年度次世代エネルギー・社会システム実証事業」として、「横浜スマートシティプロジェクト」の中で明電舎と共同で行う。FEMS実証は、本プロジェクトでは初となる。

今後、再生可能エネルギーの導入やエネルギーの効率的運用を一層促進するために、特に工場や商業施設などの大規模需要家でのニーズに合わせて、本システムの実用化を進めていく。また、本実証運転と並行して、事業化に向けた更なる低コスト化等を推し進め、2013年度中には事業を開始する計画だ。

今回の実証運転の具体的な内容は以下の通り。1. 横浜製作所におけるピークカット運用(最大1MWのデマンド抑制)を行う、2. 天候に左右される太陽光発電をレドックスフロー電池と組み合わせ、計画的な発電を行う、3. あらかじめ設定したデマンドスケジュールとなるよう電力負荷に応じた放電量を調整する、4. 太陽光発電の激しい出力変動をレドックスフロー電池の充放電で補償することで、出力を平滑化する。

レドックスフロー電池は、不規則で変動の激しい充放電運転に適し、貯蔵電力量の正確な監視・制御が可能な蓄電池。同社では、夜間の余剰電力の活用に加え、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの有効活用に適した蓄電池として、本格的な実用化を目指し、製品開発を進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.