> > スマート家電市場調査 5年後には家電11年比15%増、関連サービス64%増

スマート家電市場調査 5年後には家電11年比15%増、関連サービス64%増

 印刷 記事を保存

富士キメラ総研は、既存の家電にネットワーク接続機能の搭載や、基本性能の高機能化・高付加価値化などを図った「スマート家電」とそのポテンシャル市場を調査し、その結果を報告書「スマート家電/関連サービス市場の将来展望2012」として発表した。

これによると、スマート家電製品及び家電製品市場は、2017年に2011年比15.2%増の7兆4610億円、関連サービス市場は、同64.2%増となる9兆5300億円が予測され、エネ管理の需要増、エコマネジメントの成長、スマホ・タブレット向けサービスの拡大が見込まれる。

調査結果の概要は、以下の通り。

【1】スマート家電製品及び家電製品

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.