> > ホンダ、業界初、原料調達から廃棄まで含めた全CO2排出量を開示

ホンダ、業界初、原料調達から廃棄まで含めた全CO2排出量を開示

記事を保存
ホンダ、業界初、原料調達から廃棄まで含めた全CO2排出量を開示

ホンダは、国際的な算出基準GHGプロトコルに基づいて、原料調達から廃棄まで含めたグローバルでの事業活動や顧客の製品使用時を含む、全ての温室効果ガス排出量を開示した。本基準に準拠した温室効果ガス排出量の開示は、世界の自動車業界で初となる。2011年度の同社の温室効果ガス総排出量は2億2,506万tだった。

2011年度の内訳は、「顧客の製品使用に関する排出」が87%、「原材料の調達、輸送、廃棄等による排出」が11.1%、「エネルギー利用による間接排出(工場やオフィスでの電力エネルギーの使用など)」が1.3%、「企業活動による直接排出(工場での重油の燃焼、社用車からの排出など)」が0.6%。

GHGプロトコル(温室効果ガスプロトコル)は、「持続可能な発展のための世界経済人会議(World Business Council for Sustainable Development)」と「世界資源研究所(World Resources Institute)」が主体となり、GHG算定のために定めたガイドラインで、世界で最も広く利用されている。GHGプロトコルは、大きくスコープ1~3の3つに分類される。スコープ1は「企業活動による直接排出」、スコープ2は「エネルギー利用による間接排出」によるもの。スコープ3は、昨年10月に策定された基準で、「顧客の製品使用による排出(カテゴリー11)」と「その他の間接排出(原材料の調達、輸送、廃棄などカテゴリー15)」から成る。ホンダは、スコープ1およびスコープ2の全てを2009年に、スコープ3の一部(カテゴリー11)を2012年6月20日よりグローバルで開示。今回、スコープ3のカテゴリー11以外も全て開示したことにより、GHGプロトコルが規定する全ての温室効果ガス排出量を開示した。

また、同社はスコープ3・カテゴリー11の算出に必要となる、顧客による製品の生涯使用年数や年間走行距離などの計算条件を、Webコンテンツである「環境ドキュメンタリー Honda Face」(URL:)にて公開した。

参考:Honda - 環境安全企画室 スコープ3プロジェクト EPISODE-1

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.