> > トヨタ自動車、燃料電池バスから家電へ給電、外部電源供給システムを開発

トヨタ自動車、燃料電池バスから家電へ給電、外部電源供給システムを開発

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車は、燃料電池バス(FCバス)の燃料電池で発電した電力を家電製品などに供給できる外部電源供給システムを開発した。本システムを活用し、家電製品などに3kWで連続して電力供給する場合、100時間以上使用することができる。

本システムは、中部国際空港、東京都心~羽田空港間、豊田市内などで運行している燃料電池ハイブリッドバス「FCHV-BUS」をベースに開発したもの。車内に交流電力(AC100V、1.5kW)を出力するコンセントを2箇所設置し、最大出力3kWの電力を供給する。

水素を利用し電気エネルギーに変換して走行する燃料電池自動車(FCV)は、エコカーの一つとして目されている。FCVは電気自動車(EV)などに比べ大容量の電力供給が可能で、中でも水素搭載量が大きいFCバスは、災害時の避難所などでの移動電源車として活用が期待されている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.