> > ホンダ、「フィットEV」を自治体や企業向けにリース販売

ホンダ、「フィットEV」を自治体や企業向けにリース販売

記事を保存
ホンダ、「フィットEV」を自治体や企業向けにリース販売

ホンダは、電気自動車(EV)「フィットEV」のリース販売を、自治体や企業に向け8月31日より開始した。価格は400万円(消費税込み)。国内市場では自治体や企業向けを中心に、2年間で約200台のリース販売を目指す。

フィットEVは小型乗用車「フィット」をベースにした5人乗りEV。高効率な電動パワートレインと、東芝製20kWhのリチウムイオンバッテリーを採用し、JC08モードの交流電力量消費率(電費)で106Wh/km、一充電走行距離で225kmという、日本最高の電費性能を実現した。最大出力は92kW、最大トルクは256N・m。バッテリー残量警告灯点灯からの充電時間は、急速充電で約20分(80%充電)、200Vで約6時間(フル充電)。また、情報通信システムを活用した充電などの操作や情報取得といった機能も取り入れた。

主な特長は以下の通り。パワートレインの効率向上、バッテリーの進化による充放電損失の低減、パワートレインの小型化・軽量化などによって、世界最高の電費性能を達成した。減速時のエネルギーを回収し蓄電する回生システムには、ブレーキペダル操作部とブレーキ動作部を独立させること等により、多くの減速エネルギーが回収できる電動サーボブレーキシステムを新開発。これにより、回生量を従来よりも約8%向上させた。また、エアコンの冷媒には、地球温暖化係数を従来冷媒(HFC-134a)の1/350以下に低減した新冷媒(HFO-1234yf)を日本で初めて採用した。同社では、今後環境車から順次、この新冷媒の適用を拡大していく予定。

情報システムの活用では、バッテリー残量や充電などの操作がクルマの近くでできるEV双方向リモコンを搭載。さらに、フィットEV専用のアプリケーションをスマートフォンにダウンロードすれば、離れた場所からの推定航続可能距離、充電ケーブル接続などの車両情報確認、タイマー設定(充電、エアコン)などのリモート操作が可能となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.