> > 電池不要、充電もしない 水と塩で発電するLEDランタン

電池不要、充電もしない 水と塩で発電するLEDランタン

記事を保存
電池不要、充電もしない 水と塩で発電するLEDランタン

グリーンハウスは、水と塩で発電するLEDランタン「GH-LED10WBW」を9月中旬に発売する。同製品は、乾電池や充電をすることなく、本体に水と塩をいれるだけで発電するLEDランタン。塩水を入れることでマグネシウムの金属棒からイオンが溶け出し移動し電気が発生するため、乾電池と比べ、環境にやさしいのが特長。

金属棒は1本で最長120時間の使用が可能。また、発電した電気はLEDランタンを光らせるだけではなく、付属のUSBケーブルを使ってUSB機器への充電も可能。本体には持ち運び用のハンドルや壁掛け穴を搭載、乾電池やバッテリと違い自然放電の心配がなく、海水でも発電できるため、非常時の備えやアウトドアにも最適。

なお、グリーンハウスは、コンピュータ周辺機器、デジタルAV機器などの開発・製造・販売を行う企業。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.