> > 東芝の二次電池「SCiB」、新型ワゴンRのアイドリングストップシステムに採用

東芝の二次電池「SCiB」、新型ワゴンRのアイドリングストップシステムに採用

記事を保存
東芝の二次電池「SCiB」、新型ワゴンRのアイドリングストップシステムに採用

東芝は、同社の二次電池「SCiB」がスズキの新型「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」に搭載されるアイドリングストップシステム「ENE-CHARGE(エネチャージ)」のバッテリーに採用されると発表した。これは、SCiBの持つ急速充電性能、長寿命性能などが評価されたもの。

同社はこれまで、三菱自動車の「i-MiEV(アイ・ミーブ)」「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」、本田技研工業の「フィットEV」に対して、高容量タイプ(20Ahセル)のSCiBの採用実績がある。今後は、アイドリングストップシステム、HEV等に適した高入出力タイプのSCiBの製品化にも注力し、車載向け事業の取り組みをさらに加速していくとともに、スマートグリッドなどで利用される電力貯蔵や周波数変動抑制向けなど新たな市場での事業も拡大していきたい考えだ。

「新型ワゴンR」には、スズキ独自の減速エネルギー回生機構「ENE-CHARGE」が搭載されている。ENE-CHARGEは、減速時の運動エネルギーを高効率に充電するシステムで、蓄えた電気を電装品に供給することで、発電によるエンジンの負担を軽減し燃料消費を抑制し、低燃費を実現する。

SCiBセルは負極に同社独自の材料を採用したことにより、急速充電性能、長寿命性能を有し、低温下など過酷な使用条件下でも短絡や劣化の原因となるリチウム金属が析出しにくいという特長を持つ。今回納入されるSCiBセルは3Ahの高入出力タイプで、容積あたりの回生受入れ能力が高く、コンパクトなサイズで大電流を受入れ蓄電することができる。また、低温での受入れ能力も高く、急峻なエネルギーの入出力が必要なアイドリングストップシステムのバッテリーに適した設計を採用している。

さらに、同システムにはアイドリングストップ車専用の鉛バッテリーとSCiBを組み合わせて使用されている。SCiBと鉛バッテリーは電圧特性に類似性が高いことから、一般的なリチウムイオン電池を組み合わせた場合に必要である電圧変換器が不要になり、システム構成部品の削減、低コスト化にも貢献する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.