> > 住友林業、埼玉県に廃棄物の高度な分別が可能なリサイクル施設を稼働

住友林業、埼玉県に廃棄物の高度な分別が可能なリサイクル施設を稼働

 印刷 記事を保存

住友林業は、廃棄物の高度な分別が実施可能な自社専用のリサイクル施設「首都圏資源化センター」を埼玉県加須市に設立し、本格稼動を開始した。首都圏エリアの戸建注文住宅の新築工事の施工に伴って生じる廃棄物を分別・集約し、リサイクル施設へ搬入することで、今年12月を目標に首都圏でのゼロエミッション達成を目指す。

同センターでは、廃棄物にQRコードラベルを付すことですべての廃棄物のデータの収集、分析を行うことができ、商品開発、資材、設計、生産、物流等の各部門へ改善のフィードバックをすることで、首都圏エリアの廃棄物排出量の削減に繋げることができる。また、有価物の売却や効率的な廃棄物の回収により、収集運搬コストの削減が可能。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.