> > 住友林業、埼玉県に廃棄物の高度な分別が可能なリサイクル施設を稼働

住友林業、埼玉県に廃棄物の高度な分別が可能なリサイクル施設を稼働

記事を保存
住友林業、埼玉県に廃棄物の高度な分別が可能なリサイクル施設を稼働

住友林業は、廃棄物の高度な分別が実施可能な自社専用のリサイクル施設「首都圏資源化センター」を埼玉県加須市に設立し、本格稼動を開始した。首都圏エリアの戸建注文住宅の新築工事の施工に伴って生じる廃棄物を分別・集約し、リサイクル施設へ搬入することで、今年12月を目標に首都圏でのゼロエミッション達成を目指す。

同センターでは、廃棄物にQRコードラベルを付すことですべての廃棄物のデータの収集、分析を行うことができ、商品開発、資材、設計、生産、物流等の各部門へ改善のフィードバックをすることで、首都圏エリアの廃棄物排出量の削減に繋げることができる。また、有価物の売却や効率的な廃棄物の回収により、収集運搬コストの削減が可能。

同社は、今年5月から一部拠点で試験運用を開始しており、7月から本格稼動を始め、段階的に展開地域を広げて、10月から関東1都6県全域(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県)で運用を行っている。首都圏エリアでのゼロエミッション達成したあと、同施設での実績について検証を行い、効果を判断した上で、近畿圏などほかのエリアにおいても同様の施設の設置を検討する。

同社は、従来から戸建注文住宅の新築工事の施工に伴う産業廃棄物のゼロエミッションに取り組んでおり、2011年度のリサイクル実績は89.3%だった。しかし、さらなるリサイクル率の向上のためには、地域によってリサイクル率に差があることや処理コストが増加することなどの課題があり、自社のリサイクル施設を設立し、より積極的に産業廃棄物の回収・再資源化に関わることとした。

2010年末には、産業廃棄物処理の広域認定を環境省から取得しており、資源化センターはこの認定制度を利用して設立されている。同制度では同社の指定する資材納入業者・輸送業者などを「産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う者」に登録することができ、自社製造物の収集運搬に関して、地方公共団体ごとの産業廃棄物処理業の許可が不要となる。

これにより、新築施工現場まで住宅資材を運んだトラックの帰り便などを活用して廃棄物を収集し、広域認定で登録した回収拠点である中継センターに集約することが可能になった。集約された廃棄物は、直接ゼロエミッションが可能な処理業者へ委託、または高度な分別が可能な同施設へ運搬し、分別を実施後は、外部のリサイクル施設に直接処理委託、または有価売却する予定。

参考:廃棄物処理法

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.