> > 実験車両「RoboCar HV」レンタル開始 センサ情報をクラウド上に蓄積

実験車両「RoboCar HV」レンタル開始 センサ情報をクラウド上に蓄積

 印刷 記事を保存

ゼットエムピーは、自動車・次世代モビリティ開発用プラットフォーム「RoboCar(R)HV」のレンタル提供を、企業及び研究機関向けに開始した。「RoboCar(R)HV」は、車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、かつ、同社独自のコントローラによって制御可能な、研究開発向けの実験車両。レンタル費は1カ月250万円。(販売価格は1,200万円~)

同車両の用途は「運転支援技術や自律走行技術の研究開発・実証実験」「制御アルゴリズムやヒューマンインタフェースの評価」「ドライバーの運転傾向の分析」「センサ、カーナビなどの自社デバイス評価」などを想定。

また、日本マイクロソフト社と共同で、車両姿勢や障害物との距離など各種センサから生まれるビッグデータをクラウド上に蓄積し、検索・分析を可能としたうえ、エイチアイと共同で同車両をiPadなどのタブレット端末やスマートフォンで運転できるインターフェイスも開発した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.