> > JAL、エコ運航で航空機のCO2排出削減

JAL、エコ運航で航空機のCO2排出削減

 印刷 記事を保存

2010年度までのCO2の削減目標は、有効トンキロ輸送量あたり20%(1990年対比)。

JALエコジェット

欧州委員会は2006年末からEU域内を離着陸する航空機を対象に温室効果ガスの排出規制を導入。航空会社に2004~2006年のCO2排出量の平均値を基準とした排出枠を割り当て、これを超えた航空会社はEUの取引市場で排出権を買い取り、排出超過分を補う必要がある。EU域内の空港を発着してEU域外と結ぶ全ての国際線に2012年から適用予定。

日本航空が02年から始めた「空のエコ」プロジェクトを強化した。
これまでの気候変動メカニズムの解析サポートなどの活動に加えて、航空機のCO2排出削減の強化に取り組む。また、環境活動の象徴として、緑色の尾翼のJALエコジェットを国内線で1機就航させた。

同社の2010年度までのCO2の削減目標は、有効トンキロ輸送量あたり20%(1990年対比)。
航空機の軽量化や燃費効率の向上に努めるとともに、テイラード・アライバルという環境配慮型の運航法も採用した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.