> > グリーンオリンピックでスポンサー企業「環境ブランド力」競う

グリーンオリンピックでスポンサー企業「環境ブランド力」競う

 印刷 記事を保存

スポーツの祭典もいまや環境抜きで語ることはできない。1984年のロス五輪が「商業化」の先鞭をつけたとすれば、北京は「グリーン化のマイルストーン」といわれるようになるかもしれない。五輪を支えたスポンサー企業に環境配慮の取組みを聞いた。

松下電器、Panasonicブランドで地球にやさしいAV機器を過去最多納入!

松下電器、Panasonicブランドで地球にやさしいAV機器を過去最多納入!

Panasonicのアストロビジョン

推定45億人が視聴した北京オリンピック。アスリートと観客を1つにつなぎ、会場の情熱や躍動感、感動を橋渡ししたのが、日本で唯一のスポンサー、Panasonic(松下電器)だ。同社は1988年のカルガリー冬季オリンピックから20年にわたってオリンピックを支え続けている。

北京大会で納入したのは、大型映像機器アストロビジョン(18会場、25画面)、音響システム「ラムサ」(41会場、284システム)、薄型テレビ「ビエラ」(約1万台)、セキュリティカメラ(約2000台)、各種放送機器(デッキ250台、カメラ100台、モニター1500台)など。今回の納入合計台数はこれまででもっとも多く、2004年のアテネ大会の1.7倍だ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.