> > 地球温暖化/雇用創出 ゴア元米副大統領

地球温暖化/雇用創出 ゴア元米副大統領

記事を保存

アル・ゴア元米副大統領 早大講演で説いた雇用創出

アル・ゴア元米副大統領

「人類社会が手を尽くすことで地球環境の危機は回避可能だ」と強調したゴア氏。参加した学生は一挙一投足を見逃すまいと熱心に聞き入っていた

名誉博士号学位贈呈式の模様

名誉博士号学位贈呈式の模様。早稲田大学は、学長を中心に「サステイナビリティ学連携研究機構」を設けている

08年11月18日、アル・ゴア元米副大統領は来日すると、まず慶應義塾創立150年記念シンポジウム「デジタル情報革命から環境エネルギー革命へ」で記念講演。学生との質疑応答で、「100年後にも私たち人類が生きているのは可能ですか?」との問いに対し、「人類の存続の脅威は核と気象変化のもたらす危機の2つであり、後者については10年以内に大きな変革を実現しなければ、"point of no return"(後戻りすることのできない点)を越えてしまう」と訴えた。翌日は、早稲田大学から名誉博士学位を贈呈され、記念式典に出席、同会場で続けて行われた地球環境グローバルサミット2008で基調講演。「不都合な真実」とのテーマで、同タイトルの映画でのプレゼンを最新版にアップデートした講演を行った。

同氏が気にかけていたのは金融不安の問題。講演冒頭からその点について触れ、信用収縮は長引かずに収束が可能であるとの見方を示した。特徴的だったのは、世界的な不況期への対策として、グリーンインフラへの投資による雇用創出が有効だと強く訴えたこと。ビジネスマンの出席も多かった来場者の強い関心を引いた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.