> > 宇宙太陽エネルギー利用システム実用化への第1歩

宇宙太陽エネルギー利用システム実用化への第1歩

 印刷 記事を保存

「きぼう」国際宇宙ステーションへ取り付け

3人の日本人宇宙飛行士

3人の日本人宇宙飛行士。左から古川 聡さん(2011年春以降にソユーズに搭乗し、ISSに約6ヵ月滞在する予定)、若田光一さん(2009年2月にディスカバリーに搭乗し、ISSに約3ヵ月滞在する予定)、野口聡一さん(2009年12月以降、ソユーズに搭乗し、ISSに約6ヵ月滞在する予定)

宇宙飛行士の若田光一さんが、日本人として初めて国際宇宙ステーションに長期滞在する。約3ヵ月間の滞在中に、「きぼう」日本実験棟の「船外実験プラットフォーム」「船外パレット」のISSへの取り付け作業を行う。昨年、宇宙開発・利用の基本的枠組みを定めるための法律「宇宙基本法」が施行された。日本でもいよいよ宇宙開発が本格化してきた。その狙いの一つは地上の10倍の効率になると期待される宇宙太陽光発電だ。JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2020年に1万kW級の商用パイロットシステムの実用化を目指す。その実現可能性と経済性を探る。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.