> > 全世界の消費者の85%が再生可能エネルギーの増加を望むとの調査結果

全世界の消費者の85%が再生可能エネルギーの増加を望むとの調査結果

 印刷 記事を保存

(10月23日、ブルームバーグ)

Vestasの依頼によって行われた世界規模の2つの調査によると、85%の消費者が再生可能エネルギーの増加を望み、再生可能エネルギーで製造された製品が高価でも購入したいという回答は49%に上った。一方で、企業の間では再生可能エネルギー投資への選好が継続している。

このデータは、2つの世界規模の調査から得たものである。1つはGlobal Consumer Wind Study 2012(GCWS)である。TNS Gallupが毎年行っているこの調査は、再生可能エネルギーに対する消費者の選好を調べることを目的としている。もう1つはCorporate Renewable Energy Index Report 2012(CREX)である。これは再生可能エネルギーを自発的に使用している企業の指数であり、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが作成している。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.