> > 業務用空調システムの国内市場、2017年度には4,532億円に拡大

業務用空調システムの国内市場、2017年度には4,532億円に拡大

 印刷 記事を保存

矢野経済研究所は、業務用空調システムのメーカーを対象に行った、国内の業務用空調システム市場の調査結果を発表した。これによると、同市場規模は前年度比9.0%増の4,164 億円と伸長。また、2012年度の同市場規模も4,272億円と引き続き伸長、2017年度には4,532億円とさらに拡大すると予測している。

業務用空調システムは、ビルや工場等の建物、施設で使用される空調システム。業務用空調システムの中で、大規模ビルに適用される「セントラル空調方式」は、ターボ冷凍機、吸収冷温水機、チラー等の大型冷凍機を設置し、建物内に冷温水を循環させ、2次側空調機で室内の空調を行なう。

また、中小規模ビルに適用される「個別空調方式」は、冷媒を循環させるビルマルチエアコンやパッケージエアコンがあり、建物内の個々の部屋別に空調を行なう。現状では、使い勝手のよいビルマルチエアコンが、大規模ビルにも適用されるようになってきており、個別空調方式の市場規模が大きくなっている。

(※全文:1,043文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.