> > 大林組、省エネ・低コストの人工光型植物工場で千葉大と提携

大林組、省エネ・低コストの人工光型植物工場で千葉大と提携

 印刷 記事を保存

大林組は、千葉大学と共同研究契約を結び、従来の人工光型植物工場に比べ、消費エネルギー、初期コストともに30%の削減をめざした植物工場の開発を開始すると発表した。同社では、今回の共同開発の成果を活かして、その後の事業化へとつなげる計画だ。

事業の展開では、食品加工メーカーと連携し、植物工場と加工工場を一体化し、付加価値のある農産加工品として販売する手法での可能性を検討し、販路も含めた6次産業化をめざす。また、植物工場をシステムパッケージ化して販売することで、年間15億円程度の市場を見込む。

(※全文:811文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.