> > ソニー、国際家電ショーに高解像度の大型有機ELテレビを出展

ソニー、国際家電ショーに高解像度の大型有機ELテレビを出展

記事を保存
ソニー、国際家電ショーに高解像度の大型有機ELテレビを出展

ソニーは、技術開発を進めてきた56型4K(3840×2160)対応有機ELテレビの試作機を、米国ラスベガスで1月11日まで行われている国際家電ショー「2013 International CES」に参考出展している。

この有機ELテレビは、最先端の酸化物半導体TFT技術とソニー独自の「スーパートップエミッション」方式により、世界で初めて、世界最大56型の大型サイズで4Kの高解像度を実現したもの。今後は、4K対応有機ELテレビの実用化・商品化に向けて継続的に開発に取り組んでいく。

従来の有機ELテレビでは、有機EL層を駆動して発光させるため、低温ポリシリコンTFT(薄膜トランジスタ)を用いていたが、パネルの大型化に課題があった。そこで、これまで研究開発を進めてきた「酸化物半導体TFT」を用いることで、56型という大型サイズながら、4K解像度の高精細なパネルを実現。有機EL素子構造には、有機EL層から効率的に光を取り出すことができる「スーパートップエミッション」方式を採用した。

この2つの技術を組み合わせることで、自発光デバイスの有機ELテレビならではの高コントラスト・高輝度・高速動画応答性能・広視野角の豊かな映像表現を可能にした。なお、今回参考展示した有機ELテレビに用いた有機ELパネルは、台湾・AUO社との共同開発によって試作された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.