> > 東京都の大規模事業所、平成23年度の温室効果ガスは23%削減

東京都の大規模事業所、平成23年度の温室効果ガスは23%削減

記事を保存

東京都は、大規模事業所に対する「温室効果ガス排出総量削減義務」と「排出量取引制度」について、平成24年度に提出された計画書(平成23年度実績)を集計し、削減実績の速報値をまとめて発表した。

934事業所の速報値によると、大規模事業所の平成23年度の排出量は722万トンで、基準排出量938万トンと比べて約23%の削減。平成22年度は、基準排出量比約13%の削減だったため、平成23年度は前年度と比べさらに10ポイント削減したことになる。このような大幅な削減が実現したのは、対象事業所で震災後の節電取組が進んだことと、震災前から本制度に対応するため取組体制等が整っていたことによると考えられる。

平成23年度に実施された特徴的な対策としては、まず「主要な居室(執務室)の照度見直し」が挙げられる。震災以前は「750ルクス程度」が主流だったが、平成23年、平成24年ともに、5割の事業所が「500ルクス程度」に変更した。また「テナントでの積極的な取り組み」も行われ、オーナーへの節電対策提案を実施したテナントが、平成23年、平成24年ともに半数以上を占めた。

都では、平成22年度から、環境確保条例に基づき、大規模事業所に対する「温室効果ガス排出総量削減義務」と「排出量取引制度」を開始。同制度では、対象事業所は前年度の温室効果ガス排出量実績や総量削減義務達成のための削減計画を記載した計画書を毎年度提出・公表することになっている。

【参考】
東京都 - 総量削減義務と排出量取引制度 開始2年目(平成23年度)で温室効果ガスを23%削減(速報値)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.