> > 蓄電池で冷蔵・冷凍できるトラック 日産とヤマト運輸が実証運行

蓄電池で冷蔵・冷凍できるトラック 日産とヤマト運輸が実証運行

記事を保存
蓄電池で冷蔵・冷凍できるトラック 日産とヤマト運輸が実証運行

日産自動車は、2013年1月から1年間、ヤマト運輸とともに「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」の実証運行を実施する。同車は、走行時、信号待ち停車時、配送作業中などのエンジン停止時にかかわりなく、常時リチウムイオンバッテリーシステムだけで冷蔵冷凍荷室を稼働させるトラック。

日産は、ヤマト運輸独自の集配ニーズに合わせた車両にしたうえで、モニター車として1台貸与。ヤマト運輸は、神奈川県川崎市内での業務に同車両を活用し、クール宅急便などの集配における実用性を検証する。なお、日産では、2013年初夏より同車の標準モデルを日本で発売する予定。

同車両は、車両エンジンへの負荷が無いため、車両燃費の改善が期待される一方で、冷蔵冷凍機の出力がエンジンの回転数に左右されないことから、荷室の安定的な温度管理がしやすく、配送品のより良い品質管理に寄与する。また、騒音や排気ガスの排出がなくCO2排出量の削減にも寄与するうえ、燃料代の節約も期待できる。

なお、搭載されるリチウムイオンバッテリーシステムは、日産と住友商事が出資するフォーアールエナジーが開発を手がける。

日産は、乗用の電気自動車(EV)に加え、商用電気自動車の開発・普及にも注力している。現在、小型商用バン「NV200 バネット」をベースとしたEV「e-NV200」を、2014年中の市場投入に向けて準備中。

また、日産リーフのバッテリーコンポーネントを活用した様々なトラックを開発中で、将来的には、100%電動トラック「e-NT400アトラス」「アトラスF24給電車」の市場投入も計画している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.