> > 川崎市、「低CO2川崎ブランド’12」として10件を認定

川崎市、「低CO2川崎ブランド’12」として10件を認定

 印刷 記事を保存

川崎市は、「低CO2川崎ブランド’12」として、製品・技術部門7件、サービス部門3件をブランド認定したと発表した。また、認定したものの中で特に優れたものとして、単機容量世界一の出力を実現した富士電機の「単機最大容量地熱タービン・タービン発電機」を大賞に選定した。

「低CO2川崎ブランド’12」は、低炭素社会につながるものづくり、サービスを応援するため、ライフサイクル全体でCO2削減に貢献する川崎発の製品・技術、サービスを評価、発信することを通して地球全体での温室効果ガスの削減を図ることを目的としている。

今回、認定された製品・技術、サービス名(企業名)とその概要は以下の通り。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.