> > 九州大学など、水素から電子を取る貴金属不使用の触媒を開発

九州大学など、水素から電子を取る貴金属不使用の触媒を開発

 印刷 記事を保存

九州大学、総合科学研究機構、茨城大学の研究グループは共同研究により、自然界に存在する水素を活性化する酵素「ニッケル-鉄ヒドロゲナーゼ」をモデル(模範)として、同様の働きをする新しいニッケル-鉄触媒を開発した。そして、この触媒を用いて、常温常圧で水素から電子が取り出せることを示した。

これまで、自然界の酵素をモデルとすることで、安全・高性能・低コストな人工触媒の開発が多く試みられてきた。これまでの最良の機能モデルは、2007年に九州大学の研究グループが開発したもので、「鉄」ではなく貴金属である「ルテニウム」を使用したニッケル-ルテニウム触媒だった。

今回、ルテニウム(240円/g)の代わりに、約1/4000の価格の鉄(0.06円/g)を使用した系での水素の活性化に初めて成功した。今後の燃料電池用の触媒などへの応用に向けて、画期的な進歩と捉えられている。

安全でクリーンでしかも持続可能なエネルギーを供給することは、21世紀の重要な課題の一つ。水素はそのエネルギーキャリアーとしての役割を担っていけるかどうかが問われている。自然界では水素活性化酵素「ニッケル-鉄ヒドロゲナーゼ」が常温常圧という温和な条件で、エネルギーキャリアーである水素から電子を取り出しているが、これまで同様の反応を同条件で人工的に行うことはできなかった。

(※全文:1,318文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.