> > LEDで昼夜変化、入院患者向けの新照明システム

LEDで昼夜変化、入院患者向けの新照明システム

 印刷 記事を保存

ウシオライティングは、戸田建設、村田製作所とともに、サーカディアンリズム(生体リズム)と無線通信技術を融合した、次世代病院向け照明システムである「スマートホスピタルライティングシステム」を共同開発、実証実験を開始したと発表した。

本システムは、単調な入院生活で弱りがちな「生体リズム(サーカディアンリズム)」を、LED光による昼夜変化を体感することで維持、生活サイクルの安定を図るもの。サーカディアンリズムとは、生物の約24時間周期で変動する生理現象(概日リズム)のことをいう。人間の体内時計では、睡眠から覚醒などホルモン分泌や体温変化のコントロールを行っている。

この新しい照明システムの開発にあたっては、戸田建設が医療・福祉施設の施工で重ねてきた豊富な知識とノウハウ、村田製作所がもつ無線通信技術、ウシオライティングの色温度にフォーカスした光色制御といった各社が得意とする技術を持ち寄った。具体的には、短距離無線通信規格の1つで、複数の端末機器を一括で制御できる「ZigBee®(ジグビー)」、「ケルビンコントロール(色温度制御)」という照明制御の新たな考え方などを導入している。

(※全文:1,377文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.