> > 福島県相馬市の被災農地で転炉スラグ入り肥料の除塩有効性を検証

福島県相馬市の被災農地で転炉スラグ入り肥料の除塩有効性を検証

 印刷 記事を保存

新日鉄住金は、2013年度より東京農業大学、相馬市、JAそうまにより立ち上げられた「そうまプロジェクト」に対し、転炉スラグ肥料を提供する。同プロジェクトでは、50ha程度の被災大規模農地で転炉スラグ肥料を活用し、現状は復興指定資材ではない転炉スラグ肥料の除塩対策の有効性を確認することになっている。

新日鐵住金は、福島県相馬地域において津波被害農地の除塩対策に取り組む東京農業大学に対して転炉スラグ肥料を約20トン無償提供し、研究に協力してきた。同大学では、2011年5月よりイチゴハウス、同年9月より水田1.7haに対して転炉スラグ肥料を施肥した結果、同肥料が迅速かつ効率的な除塩に極めて有効な方法であることが実証され、相馬方式(東京農大方式)を確立している。

(※全文:734文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.