> > 福島県相馬市の被災農地で転炉スラグ入り肥料の除塩有効性を検証

福島県相馬市の被災農地で転炉スラグ入り肥料の除塩有効性を検証

記事を保存
福島県相馬市の被災農地で転炉スラグ入り肥料の除塩有効性を検証

新日鉄住金は、2013年度より東京農業大学、相馬市、JAそうまにより立ち上げられた「そうまプロジェクト」に対し、転炉スラグ肥料を提供する。同プロジェクトでは、50ha程度の被災大規模農地で転炉スラグ肥料を活用し、現状は復興指定資材ではない転炉スラグ肥料の除塩対策の有効性を確認することになっている。

新日鐵住金は、福島県相馬地域において津波被害農地の除塩対策に取り組む東京農業大学に対して転炉スラグ肥料を約20トン無償提供し、研究に協力してきた。同大学では、2011年5月よりイチゴハウス、同年9月より水田1.7haに対して転炉スラグ肥料を施肥した結果、同肥料が迅速かつ効率的な除塩に極めて有効な方法であることが実証され、相馬方式(東京農大方式)を確立している。

相馬市では、津波被害を受けた農地約1,100haのうち、これまでに復興を果たした農地は140ha程度で、2013年度以降も復興活動が継続されている。これまで国や福島県の復興事業による除塩のための石こう資材としては、石こうや炭酸カルシウムが用いられ、転炉スラグ肥料の利用は限定的だった。

新日鐵住金は、同社で生産する鉄鋼スラグを肥料メーカーに供給しており、同社の鉄鋼スラグを利用した肥料として「ミネカル2号等(製造・販売社:テツゲン)」「てんろ石灰(ミネックス)」「ミネカル®/農力アップ®(産業振興)」「良土良栽くん®(広鉱技建)」「くみあい珪鉄(清新産業)」「含鉄肥料(製鉄鉱業大分)」が販売されている。

また「転炉スラグ」は、高品質な鋼を製造するため成分調整を行う製鋼工程中の転炉工程において、石灰等の精錬剤に由来して副次的に産出されるもの。転炉スラグ肥料は、石灰とケイ酸を主成分とし、苦土、鉄分やリン酸、マンガン、ホウ素などの肥料成分を含有している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.