> > 横浜市、八景島シーパラダイスで海水熱を利用し空調2割省エネ 災害対策も

横浜市、八景島シーパラダイスで海水熱を利用し空調2割省エネ 災害対策も

 印刷 記事を保存

横浜市は、横浜八景島と東京海洋大学が、「海を利用した省エネと災害対策の取組み」として、八景島シーパラダイス施設内で、海水熱を利用したヒートポンプや災害等非常時における船舶からの給電を行う設備を導入し、4月から運用を開始すると発表した。

同市が横浜臨海部において、温室効果ガスの削減と経済活性化を進める「横浜グリーンバレー構想」のモデル事業として実施する。また、同時に同施設内で実施している「電力の見える化」を水族館「アクアミュージアム」にも展開し、省エネの取組みを拡大する。

海を利用した省エネ

「海を利用した省エネ」では、海水熱を利用したヒートポンプを導入する。具体的には、年間を通じて温度が安定している海水のエネルギーを熱源とするヒートポンプを水族館「アクアミュージアム」の空調設備に導入する。この海水ヒートポンプにより、空調設備のCOP(成績係数)が改善され、約20%の省エネが実現できると試算している。

(※全文:1,392文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.