> > フロン法改正案を閣議決定、フロン類の製造から廃棄まで対策を強化

フロン法改正案を閣議決定、フロン類の製造から廃棄まで対策を強化

記事を保存
フロン類対策の一層の推進について(フロン法改正案の概要)

フロン類対策の一層の推進について(フロン法改正案の概要)
(※クリックで拡大)

高い温室効果を持つフロン類の対策強化を盛り込んだフロン法(特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律)の改正案が4月19日に閣議決定された。経済産業省と環境省と共同で本法律案を今国会に提出する。

本法律案は、冷凍空調機器の冷媒用途を中心に、高い温室効果を持つフロン類の排出量が急増していることから、現行法に基づく業務用冷凍空調機器の廃棄時等におけるフロン類の回収・破壊の実施に加え、フロン類及びフロン類使用製品の製造・使用段階における対策を講じ、フロン類の製造から廃棄までのライフサイクル全般にわたる抜本的な対策を推進するもの。

法律の名称を「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」に改め、フロン類の製造から廃棄までのライフサイクル全体を見据えた包括的な対策を講じる。具体的には、各段階における当事者に「判断の基準」遵守を求める等、下記の取組みを促す。

(1)フロン類の製造・輸入業者

温室効果のより低いフロン類の技術開発・製造や、一定の使用済フロン類の再生といった取組みを通じ、環境負荷の低減を求める。

(2)フロン類使用製品(冷凍空調機器等)の製造・輸入業者

冷凍ショーケースなどのフロン類使用製品について、製品ごとに、一定の目標年度までのノンフロン製品又は温室効果の低いフロン類を使用した製品への転換目標の達成を求める。

(3)業務用冷凍空調機器のユーザー

フロン類の漏えい防止のための適切な設置、点検、故障時の迅速な修理等の適切な管理に取組むことを求める。また、一定の要件に該当するユーザーには、フロン類の漏えい量の年次報告(国が集計して公表)を求める。

(4)フロン類の冷凍空調機器への充塡
  使用済みフロン類の再生の適正化

業務用冷凍空調機器に使用されるフロン類の充塡業の登録制、再生業の許可制を導入する。(現行の「第一種フロン類回収業者」を「第一種フロン類充塡回収業者」とし、フロン類の充塡行為(整備時の冷凍空調機器への冷媒フロン類の補充等)について登録業者のみが行い得ることとする)

なお、施行期日は、公布の日から起算して2年を超えない範囲内において政令で定める日とする。

-----

フロン類とは、構造により数十種類あるフッ素系ガスのことであり、安全(無毒、不燃)かつ高性能であることから、エアコンや冷蔵庫など冷凍空調機器の冷媒のほか、スプレーや断熱材などに幅広く利用されている。

しかし、現在では冷凍空調機器の冷媒用途を中心に、オゾン層破壊効果と高い温室効果を持つ(CO2の数千~数万倍)特定フロン(CFC:クロロフルオロカーボン、HCFC:ハイドロクロロフルオロカーボン)から、オゾン層破壊効果はないが、同様に高い温室効果を持つ代替フロン(HFC:ハイドロフルオロカー)への転換が進められている。

その結果、特定フロン類は着実に削減。一方で、高い温室効果を持つ代替フロン類等の排出量が急増しており、10年後には現在の2倍以上となる見通し。また、現行のフロン法によるフロン廃棄時回収率は3割と低迷しており、加えて、機器使用時の漏えいも判明している。今回の改正はこうした課題を解決するとともに、国際的な規制強化の動きを受けて行うもの。

【参考】
経済産業省 - 特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律の一部を改正する法律案が閣議決定されました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.