> > フロン法改正案を閣議決定、フロン類の製造から廃棄まで対策を強化

フロン法改正案を閣議決定、フロン類の製造から廃棄まで対策を強化

 印刷 記事を保存

高い温室効果を持つフロン類の対策強化を盛り込んだフロン法(特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律)の改正案が4月19日に閣議決定された。経済産業省と環境省と共同で本法律案を今国会に提出する。

本法律案は、冷凍空調機器の冷媒用途を中心に、高い温室効果を持つフロン類の排出量が急増していることから、現行法に基づく業務用冷凍空調機器の廃棄時等におけるフロン類の回収・破壊の実施に加え、フロン類及びフロン類使用製品の製造・使用段階における対策を講じ、フロン類の製造から廃棄までのライフサイクル全般にわたる抜本的な対策を推進するもの。

法律の名称を「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」に改め、フロン類の製造から廃棄までのライフサイクル全体を見据えた包括的な対策を講じる。具体的には、各段階における当事者に「判断の基準」遵守を求める等、下記の取組みを促す。

(※全文:1,303文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.