> > 帝人、放射線を遮る繊維織物とペーパーを開発 医療や復興に

帝人、放射線を遮る繊維織物とペーパーを開発 医療や復興に

記事を保存
帝人、放射線を遮る繊維織物とペーパーを開発 医療や復興に

帝人は、放射線(X線及びγ線)を遮蔽する「アラミド繊維織物」と「アラミドペーパー」を開発した。

両製品は、帝人グループが製造・販売するパラ系アラミド繊維「テクノーラ」と「トワロン」に、優れた放射線遮蔽性を有する「タングステン(レアメタルの一種)」の粒子をブレンドしたもの。両繊維の紡糸法や素材特有の物性を活かすことにより、一般に困難とされる高比重の金属を繊維に配合した製糸を実現した。

5月上旬よりサンプル提供を開始し、医療や震災復興、放射線実験などの分野に向けて、放射線量の高い場所で使用される防護衣料やシート材を中心とした用途への市場開拓を進めていく。

帝人グループは、東日本大震災以降、復興作業に携わる作業員の安全を支えるため、アラミド繊維をベースとした放射線遮蔽素材の開発に取り組んできた。放射線を遮蔽するためには、一般的に比較的安価で遮蔽能力に優れる鉛が使用されているが、地球環境に対する懸念から、鉛の使用については世界的に規制の動きがあり、最近では、人体や環境への影響が比較的低いタングステンが使用されている。

タングステンを用いた放射線遮蔽素材としては、繊維状やシート状の加工製品の他、樹脂やゴムにタングステンを配合したハイブリッド素材などがあるが、一般的にタングステンのような高比重の金属を繊維に配合して製糸するのは難しいため、タングステンを含む繊維素材は実現が困難とされていた。

また、繊維に高比重の金属を高濃度で配合すると、強度や弾性率などの繊維固有の機械的特性が損なわれることもあることから実用されていなかった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.