> > 大気汚染状況、23年度はPM2.5とOxの環境基準達成率が低水準

大気汚染状況、23年度はPM2.5とOxの環境基準達成率が低水準

 印刷 記事を保存

環境省は、平成23年度における常時監視の対象である主な大気汚染物質の濃度測定結果及び微小粒子状物質(PM2.5)の成分分析結果を取りまとめ公表した。

二酸化窒素(NO2)、二酸化硫黄(SO2)、一酸化炭素(CO)については、近年ほとんどすべての測定局で環境基準を達成している。浮遊粒子状物質(SPM)の環境基準達成率は平成22年度に比べると悪化した。微小粒子状物質(PM2.5)と光化学オキシダント(Ox)については、環境基準達成率は低い状況にある。

環境省は、本調査結果を踏まえ、環境基準の達成・維持に向けて、工場・事業場からのばい煙排出対策、自動車排出ガス対策、低公害車の普及等を引き続き総合的に推進していく。またPM2.5については、常時監視体制の強化や観測データの集積を図るとともに、成分分析等に基づく発生源別寄与や二次生成メカニズムの解明等に取り組むことにより、環境基準の達成率向上に向けた取り組みを進める。

大気汚染防止法(大防法)第22条に基づき、都道府県及び大防法上の政令市では大気汚染の常時監視が行われている。平成23年度末現在の測定局数は、全国で1,911局で、内訳は一般環境大気測定局(一般局)が1,489局(国設局を含む)、自動車排出ガス測定局(自排局)が422局(国設局を含む)となっている。

主な大気汚染物質の濃度測定結果は以下の通り。

(※全文:1,602文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.