> > オムロン、冬の電力使用量を18%削減 製造過程の待機電力をカット

オムロン、冬の電力使用量を18%削減 製造過程の待機電力をカット

記事を保存
オムロン、冬の電力使用量を18%削減 製造過程の待機電力をカット

オムロンは、今冬(昨年12月3日~今年3月29日)、国内全グループで独自の節電対策に取り組み、事業活動や生産活動に支障をきたすことなく、自主目標値を大幅に上回るピーク電力削減を達成したと発表した。関西電力管内では、関西広域連合による6%の削減要請に対して、自主目標10%以上を掲げ、18%以上の削減を達成。それ以外の地域でも、自主目標10%以上に対し、18%以上の削減を達成した。

同社は、11年度より施設や生産設備の運用改善によって品質や生産性を維持・向上しながら、製造現場におけるエネルギー効率の最大化を追求する独自の省エネ・省資源化活動「Ecoものづくり」に取り組んでいる。

製造現場では、生産に必要なエネルギーを、必要な時に必要な量だけ効率良く供給することが省エネ・省資源化のポイントとなる。そこで同社では、自社製の電力量モニタやパーティクルセンサ、温湿度センサなどによって削減が可能なポイントをみえる化した上で改善活動に取り組み、国内の全生産拠点で多くの省エネ・省資源化事例を生み出している。

今冬においても、新たな「Ecoものづくり」として、草津工場(滋賀県草津市)で、生産設備の待機(アイドリング)状態を製造工程における電力使用量の推移から判別し、不要な電力や圧縮エアー、窒素ガス等の使用を自動的に抑制する「製造工程のアイドリングストップ制御」を世界に先駆けて実現。

この仕組みにより、プリント基板に部品をはんだ付けする工程では、生産設備が非稼動中に消費する待機電力を25%削減。また、別の工程では、同様の仕組みにより排気用のファンを自動的に停止させることで電力の使用量を20%削減、さらには、窒素ガスの使用量を27%以上削減することに成功した。

その結果、12年度冬季においても、10年度に比べて必要以上に自家発電設備を稼動させたり、社員に過度な負担を強いたりすることなく、18%以上のピーク電力を削減した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.