> > 政府の循環型社会の構築に関する第3次計画案 質に着目、国際展開など

政府の循環型社会の構築に関する第3次計画案 質に着目、国際展開など

 印刷 記事を保存

環境省は、第三次計画となる新しい「循環型社会形成推進基本計画」の策定に関して、中央環境審議会循環型社会部会の答申案が取りまとめられ、5月29日付けで答申が行われたと発表した。

本計画案では、循環型社会の形成に向けた基本的方向性として、質にも着目した循環型社会の形成と国際的な取り組みの推進を掲げる。本答申を踏まえ、5月31日に第三次循環型社会形成推進基本計画を閣議決定する予定。

具体的には、本計画案では、最終処分量の削減など、これまで進展した廃棄物の量に着目した施策に加え、以下の取り組みを新たな政策の柱としている。

(※全文:915文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.