> > 東京都市大学が影響評価データベースを開発 新指標「環境フットプリント」

東京都市大学が影響評価データベースを開発 新指標「環境フットプリント」

 印刷 記事を保存

東京都市大学(旧武蔵工業大学)環境情報学部伊坪徳宏教授研究室は、商品の生産などで使われた水、化学物質、産業廃棄物、木材など14種の環境影響領域を網羅した「環境フットプリント」を算出するための原単位データベース化に国内で初めて成功した。6月上旬より、農作物や紙、化学製品など約400商品の原単位を同研究室のホームページにて公開する。

(※全文:831文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.