東京都市大学が影響評価データベースを開発 新指標「環境フットプリント」

  • 印刷
  • 共有

東京都市大学(旧武蔵工業大学)環境情報学部伊坪徳宏教授研究室は、商品の生産などで使われた水、化学物質、産業廃棄物、木材など14種の環境影響領域を網羅した「環境フットプリント」を算出するための原単位データベース化に国内で初めて成功した。6月上旬より、農作物や紙、化学製品など約400商品の原単位を同研究室のホームページにて公開する。

環境フットプリントとは、原材料調達から生産、廃棄、リサイクルまでの商品一生分の温室効果ガスや水、化学物質、廃棄材、木材、化学製品など14種類の環境影響領域における物質の使用量を算出し、地球環境への負荷を定量化する手法で、この計算に原単位が使われている。環境意識の高い欧州などでは既にその原単位データベース化が進んでおり、環境フットプリントに基づいたグリーン購入を加盟国に義務付けることも検討している。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報