> > NTTスマイル、産総研の国内太陽光発電量の見える化活動に計測データを提供

NTTスマイル、産総研の国内太陽光発電量の見える化活動に計測データを提供

 印刷 記事を保存

NTTスマイルエナジー(大阪市中央区)は、産業技術総合研究所が実施している国内太陽光発電システムの発電量統計データ整備プロジェクトに対して、太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」により計測されたシステムデータの提供を開始したと発表した。同社は本プロジェクトへのデータ提供提携先第一号となる。

日本国内では、各種補助金制度などにより太陽光発電システムの設置が拡大している。しかし、これらの太陽光発電システムが、どれだけクリーンな電力を生み出し、どれだけCO2の削減に貢献しているのかを示すためのエネルギー・環境統計は整備されていない。特に、住宅用太陽光発電システムは設置件数が膨大であり、また、多くのユーザーは売電データしか所有していない。

そこで、産総研太陽光発電工学研究センターシステムチームでは、個人や企業・団体に協力を求め、太陽光発電システムの発電データの収集と統計整備に着手している。

(※全文:755文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.