> > 三菱レイヨン、排水処理で中国に進出 浙江省に研究拠点を設立

三菱レイヨン、排水処理で中国に進出 浙江省に研究拠点を設立

 印刷 記事を保存

三菱レイヨンは、中国における産業排水に有効な「膜分離活性汚泥法(MBR)」を中心とする排水処理技術の確立を目的に、浙江清華長三角研究院との共同研究を行う「浙江清華長三角研究院-MRC膜分離水処理技術研究センター」を浙江省に設立した。

同社は、同研究センターで、中国での水環境課題となっている染色、養豚、製薬をはじめ産業排水の処理に関する研究開発を行う。この研究開発を現地化することにより現場に応じた技術的課題を明らかにし、同社が強みを発揮する市場を見極めて各々の処理技術を確立し、現場への適用を推進していきたい考えだ。

(※全文:678文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.