> > 日産、世界最速の電気自動車を公開 2014年のル・マンに参戦

日産、世界最速の電気自動車を公開 2014年のル・マンに参戦

記事を保存
日産、世界最速の電気自動車を公開 2014年のル・マンに参戦

日産自動車は、世界最速の電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC(Zero Emission On Demand Racing Car)」を公開した。同車は、「日産リーフ」のリチウムイオンバッテリー技術を活用し、時速300km以上のスピードを実現。また、パッケージングと空力性能の開発により、走行性能とエネルギー効率の向上を図った。

今年の夏にテスト走行を開始し、2014年の「ル・マン24時間レース」で革新的で新しい技術を紹介する車両のための「ガレージ56」枠に出場予定。2013年の同レースでは、「LMP2クラス」出場の22台中15台が日産のエンジン搭載車で、今年も優勝を目指している。将来的にはル・マン24時間レースの「LMP1クラス」への復帰を目指しており、今後、新しいレース用電動パワートレイン技術のテストを開始する。

また「Nissan ZEOD RC」用のタイヤを製作するため、フランスのタイヤメーカーのミシュランとパートナーシップを結ぶ予定。ミシュラン装着車は、15年連続でル・マン24時間レースにおいて優勝を果たしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.