> > JFEエンジ、フィリピンで下水処理プラント建設を受注

JFEエンジ、フィリピンで下水処理プラント建設を受注

記事を保存

JFEエンジニアリングは、フィリピンのメニラッド水道サービス会社から下水処理施設を受注し、マニラ首都圏ケソン市に計画される日量15,400立方メートルのプラントで、設計、建設及び1年間の実証運転を請負う。2014年9月に完成、12月に試運転完了を予定。

同社は、これまでマニラ首都圏で26カ所の下水処理施設を建設し、これらの施設で同地区において下水処理されている量の約7割を担っている。今回は、現地の下水の性質に最適な処理プロセスや限られたスペースへのプラント配置などを提案した。

現在、マニラ首都圏の上下水道事業は1997年の民営化により、メニラッド水道サービス会社が西側の全域で施設を建設・保有し、運営を行っている。同地区は、急速な都市化に伴い、下水道や下水処理施設の整備が急がれているが、普及率は10%程度に留まっており、メニラッド社は世界銀行の融資などにより急ピッチで整備を進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.