> > 三菱ふそう、小型電気トラックの新型を発表 高速道路の維持管理用車両に

三菱ふそう、小型電気トラックの新型を発表 高速道路の維持管理用車両に

記事を保存
三菱ふそう、小型電気トラックの新型を発表 高速道路の維持管理用車両に

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、第2世代の小型電気トラック新型「キャンターE-CELL」を発表した。ディーゼルエンジンに代えて、最高出力96kW、最大トルク650Nmの「永久磁石式同期モーター」を搭載。効率向上のためギヤボックスを廃止し、ファイナル比を変更した。走行用バッテリーは容量約70kWhの高電圧バッテリー、80km/hの連続走行で航続距離は100km以上を目指す。今後、数か月の走行試験をへて、NEXCO中日本へ納車される。

同車は、2010年に発表された第1世代のベース車両を現行の小型トラック「キャンター」に変更するとともに「CHAdeMO方式の急速充電」と、今回実証実験を行う「磁気共鳴方式のワイヤレス給電」に対応している。また、車両左右両側とキャブ背面に、容量約70kWhのリチウムイオン電池を搭載。標識関連電源は、リチウムイオン電池から供給される。さらに、バキュームポンプ、パワーステアリングオイルポンプ、クーラーコンプレッサーが電動化されている。

なお、同車は、中日本高速道路(NEXCO中日本)が実施する高速道路維持管理用電気自動車の研究実験車両として開発されたもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.