> > 東芝ライテックのLED電球、電球色と昼白色の明るさが同じ9機種発売

東芝ライテックのLED電球、電球色と昼白色の明るさが同じ9機種発売

記事を保存
東芝ライテックのLED電球、電球色と昼白色の明るさが同じ9機種発売

東芝ライテックは、LED電球一般電球形「光が広がるタイプ」のラインアップを一新し、電球色と昼白色の明るさ(ルーメン)を同じ値にした9機種を7月26日より発売する。

従来の同社LED電球一般電球形「光が広がるタイプ」は、消費電力別のラインアップで、電球色と昼白色とで明るさの値が異なっていたが、新製品は同じ値になり、分かりやすく選びやすいのが特長。また、従来に比べてエネルギー消費効率がアップし、省エネ性能が向上している。

明るさは、白熱電球「40W形」「50W形」「60W形」「80W形」相当の4種類。価格は、配光角240度・260度の「40W形」が2,415円、「50W形」が3,045円、「60W形」が3,675円、「80W形」が7,350円。配光角180度の「40W形」がオープン価格となっている。9機種合計で、年間200万個の販売を目指す。

エネルギー消費効率については、白熱電球60W形相当・80W形相当の昼白色タイプでは、100lm/Wを超える高効率を達成。また、独自の放熱技術により、コンパクトな電球近似形状を維持したまま、配光角約240~260度の光の広がりを実現した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.