> > 小田急電鉄の地下鉄駅で地中熱利用 空調コスト3割減

小田急電鉄の地下鉄駅で地中熱利用 空調コスト3割減

記事を保存
小田急電鉄の地下鉄駅で地中熱利用 空調コスト3割減

三菱マテリアルは、連結子会社である三菱マテリアルテクノが開発したコイル型水平熱交換器による「地中熱利用システム技術」が、日本で初めて小田急電鉄のトンネル事業に採用されたと発表した。同電鉄の東北沢駅と世田谷代田駅で、開削工法で掘り抜いた箱形トンネル下床版にコイル型水平熱交換器を敷設し、ホーム空調の一部に利用。これにより空気熱源ヒートポンプと比べてCO2排出量とランニングコストを年間30%削減できる見込み。

同技術は、土壌の断熱機能により大気中の温度変化の影響を受けにくく、一年を通してほぼ一定である地中熱をヒートポンプの熱源として活用することで、冷暖房や融雪・給湯などに利用するもの。夏期は冷たい地中に熱を放熱(冷房運転)し、冬期は温かい地中から採熱(暖房運転)することで、ヒートポンプの仕事量を減らして省エネ化を図る。

この地中熱を利用するために必要な熱交換方式には、ボーリングマシンを用いて孔井を掘削し、熱交換器を挿入する「ボアホール方式」、建物基礎杭内に熱交換器を設置し熱交換杭として活用する「基礎杭方式」、土壌や耐圧版・トンネル下床版等に熱交換器を広く敷設する「水平方式」の3種類がある。

三菱マテリアルテクノは、上記3種類のすべての調査・設計・施工技術を保有し、かつ多くの施工実績を持っている。特に「水平方式」は同社が開発し、平成22~23年度の「環境省地球温暖化対策等技術開発事業」を通じて実用化に至っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.