> > NEDO、インドネシアで砂糖の副産物からバイオエタノールを製造する技術を実証

NEDO、インドネシアで砂糖の副産物からバイオエタノールを製造する技術を実証

記事を保存
NEDO、インドネシアで砂糖の副産物からバイオエタノールを製造する技術を実証

NEDOは、インドネシア政府との共同プロジェクトとして実施している「製糖工場におけるモラセスエタノール製造技術実証事業」において、東ジャワ州の製糖工場に設置したバイオエタノールの製造プラントが完成し、実証運転を開始したと発表した。

同プロジェクトは、製糖工場の副産物であるモラセス(廃糖蜜、砂糖の副産物)を原料に、燃料用バイオエタノールを製造する技術の実証を行うもの。PTPN-X社の製糖工場に、日本の発酵技術を応用したバイオエタノール製造プラントを設置。運転のしやすさと効率の両立を目指し、日本で開発された凝集性酵母を用いた繰返し回分発酵法が採用されている。製造するバイオエタノールは、ガソリンと混合し自動車用燃料として利用される予定。

製造フロー

 エタノール製造フロー

同工場や近隣の製糖工場から排出される年間約15万トンの廃糖蜜の約70%を原料に、年間3万kLの燃料用バイオエタノールの生産を計画。これにより「インドネシアの石油輸入量の低減」「砂糖産業の経営の多角化・安定化」「日本企業によるバイオエタノール製造設備等の輸出機会の創出」の効果が期待される。

今後は、試運転と実証運転を通じて、運転データの評価、検証を行いつつ運転員の教育を実施し、運転技術の移転と定着を図る。また、プラント公開や普及セミナーを通じて、インドネシアの砂糖産業へのバイオエタノールプラントの普及を目指す。

石油輸入が輸出を上回る状況が続くインドネシアでは、政府が2025年までにエネルギー消費量の5%をバイオ燃料で賄う方針を打ち出しているが、目標達成は容易ではない状況また、バイオ燃料のうちガソリン代替として使われるエタノールは、主にモラセス、砂糖、とうもろこし等から作られるが、同国内の砂糖の需要はその40%近くを輸入で賄っていることから、政府として砂糖の増産に取り組んでいる。

このような中、今年6月、政府補助金の削減によりガソリン価格が40%以上値上げされ、バイオエタノール導入にとって課題だった価格競争力が大きく改善した。また、砂糖の増産により原料となるモラセスの産出量も増え、量・価格両面において入手しやすくなる事が期待され、バイオエタノールを導入する機運が盛り上がっている。

【参考】
NEDO - インドネシアでバイオエタノールの製造技術を実証

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.