> > 産業革新機構、ゼオライト合成技術の東大系ベンチャーに6億円投資

産業革新機構、ゼオライト合成技術の東大系ベンチャーに6億円投資

 印刷 記事を保存

官民ファンドの産業革新機構(INCJ)(東京都千代田区)は、排ガス処理の吸着剤などに活用できる天然鉱物「ゼオライト」の合成技術を持つ東大系ベンチャーのユニゼオ(東京都文京区)に対し、最大6億円を投資すると発表した。

INCJは、ユニゼオに対して、今後の合成技術の確立と今後の生産技術の開発に必要な資金を供給するとともに、社外取締役の派遣、事業開発体制の強化、戦略的提携先の開拓支援等の経営サポートを行う。

(※全文:1,006文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.