> > 日産自動車、100台規模の超小型EVのカーシェアリング事業を横浜市と実施

日産自動車、100台規模の超小型EVのカーシェアリング事業を横浜市と実施

記事を保存
日産自動車、100台規模の超小型EVのカーシェアリング事業を横浜市と実施

日産自動車と横浜市は、10月11日(金)より約1年間、二人乗りの超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」を活用した、ワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」を横浜市で実施する。

運用車両は30台で開始し、期間内に約100台に増車する予定。100台規模となる超小型EVのカーシェアリングは、日本初の取り組みとなる。

ワンウェイ型の新しいカーシェアリングでは、カーステーション(貸渡返却拠点)で自由に借用し返却することができる。カーステーションは横浜市都心エリアに約45カ所を設け、期間内に横浜駅・みなとみらい・関内を中心とした70カ所に拡大する予定。

走行範囲は横浜市内で、高速道路や自動車専用道路は走行できない。利用料金は1分当たり20円で、入会金・月額基本料金は無料。

本事業は、日産自動車と横浜市が協働で進める「ヨコハマモビリティ"プロジェクトZERO“(YMPZ)」の一環として、両者が中心となり、「低炭素交通の推進」、「都市生活・移動のクオリティアップ」、「観光の振興」を目的に、国土交通省の「超小型モビリティ導入促進」事業の支援を受け実施される。

「チョイモビ ヨコハマ」の会員登録や利用予約システムは、日立製作所が開発した。また、貸渡返却拠点となるカーステーションには、三井不動産リアルティの「三井のリパーク」をはじめ、多くの企業、観光/公共施設に駐車場の提供を得ている。

サービス開始後も、地域の公共交通機関や商店街、マンションの管理組合、地元企業など、幅広い関係者に様々なかたちでの参画を働きかけ、超小型モビリティの有用性、事業化の可能性の検証を行っていく。

なお、本事業の開始に伴い、10月11日より、専用サイトで利用を希望する者の会員登録の受付を開始する。会員登録完了後、安全運転講習会を予約し、約60分の講習を受講する。講習会場は日産グローバル本社ギャラリーまたはパシフィコ横浜。

「日産ニューモビリティコンセプト」は、リチウムイオン電池を搭載したEV。最高速度時速は80km。サイズは234×123×145cmで、車両重量は500kg。

「超小型モビリティ」は、軽自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人~2人乗り程度の車両のことをいう。これまで超小型モビリティは公道を走ることが認められていなかったが、国土交通省は、今年1月に、地方自治体や自動車メーカーなどの関係者が先導導入を行えるよう、超小型モビリティについて公道走行を可能とする「超小型モビリティ認定制度」を創設するとともに、地方自治体、観光事業者等の主導による超小型モビリティの先導・試行導入の優れた取組みを支援する補助制度を開始している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.