> > 住友電工、タングステンの安定調達のため米国進出 スクラップからのリサイクルも実施

住友電工、タングステンの安定調達のため米国進出 スクラップからのリサイクルも実施

記事を保存
住友電工、タングステンの安定調達のため米国進出 スクラップからのリサイクルも実施

住友電気工業は、同社超硬工具製品の主原料であるタングステンを安定調達するために、2014年3月から、米国の拠点にてタングステンの鉱石精錬とスクラップのリサイクル事業を開始する。

本事業は同社100%子会社であるSumitomo Electric Carbide Inc.と米国のタングステン粉末メーカーであるBuffalo Tungsten Inc.(BTI社)の子会社のNew York Tungsten L.L.C.との合弁で設立したNiagara Refining LLC(NIRE社)を拠点に展開し、超硬工具等の主原料製造に使用される三酸化タングステン(WO3)を生産する。

自動車や家電等など多くの製品の製造において不可欠な超硬工具製品。その主原料であるタングステンは、希少金属(レアメタル)で、日本ではそのほとんどを輸入に依存している。また、タングステンは埋蔵されている国が限られ主に中国に偏在しているため、常に供給リスクにさらされている。

これまで、同社では、グループ内のアライドマテリアル(ALMT社)がWO3を中国他海外から調達し、超硬工具の原料となる炭化タングステン粉(WC)を製造している。また、2011年にはALMT社の富山製作所内にてスクラップからのタングステンリサイクルを事業化している。今般、NIRE社が稼働することにより、世界のタングステン鉱山からの鉱石と、市場から回収したスクラップの双方を原料として同社グループ内で、タングステン原料を生産できることになる。

今後、NIRE社はWO3の生産、また、ALMT社は炭化タングステン粉末の生産と、同社グループ内にて一貫して超硬工具の粗原料から完成品まで生産することで、同社におけるタングステン原料の安定調達に向けた取り組みを加速させる。グループ内の連携による生産最適化によるシナジー効果を追求し、一層の競争力強化を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.