> > 福島県の専門学校に太陽光発電所 再エネ専門の技術者育成に活用

福島県の専門学校に太陽光発電所 再エネ専門の技術者育成に活用

 印刷 記事を保存

福島県で5つの専門学校を展開する新潟総合学院FSGカレッジリーグ(福島県郡山市)は、福島県郡山市に太陽光発電所「FSG安積発電所」が11月26日に竣工し、再生可能エネルギー専門技術者育成の場として発電・運用を開始すると発表した。

本発電所の出力規模は0.87MW(870KW)。設置パネル数は3,467枚。敷地面積は19,650m2。年間発電量はFSGカレッジリーグ5校校舎の使用電力量とほぼ同量を見込む。

国の「東日本大震災からの復興の基本方針(H23.7.29)」では再生可能エネルギー関連産業の集積、福島県の復興ビジョン(H23.8)においては、再生可能エネルギーのプロジェクトの推進といったように、再生可能エネルギーは復興計画の重点項目であり、推進・普及、関連産業の雇用創出が復興のカギを握っている。

東日本大震災以降、再生可能エネルギーに注目が集まり、各地で様々な発電施設が建設されているが、一方でこうした設備のメンテナンス技術者の不足が懸念されている。

(※全文:1,021文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.