> > 南鳥島周辺のレアアース、3年間で資源量調査と生産技術の調査・研究へ

南鳥島周辺のレアアース、3年間で資源量調査と生産技術の調査・研究へ

記事を保存
南鳥島周辺のレアアース、3年間で資源量調査と生産技術の調査・研究へ

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、南鳥島周辺の排他的経済水域内で、深海の海底に賦存している堆積物に含まれるレアアースの濃集域と資源ポテンシャルを把握し、それらを生産するための技術分野の調査・研究を実施するため、有識者26名からなる勉強会を4回にわたり開催し、その結果を踏まえ、調査・研究計画案を策定、報告書にまとめて公表した。

調査・研究計画案は、「(1)資源量評価等のための海洋調査」「(2)採鉱(採泥・揚泥)、製錬などの技術分野の調査・研究」「(3)最終年度の総合評価」からなり、平成25年度から27年度の3年間で実施する。

調査・研究計画案の要点

【1】概略資源量・賦存状況等のための海洋調査

  1. 南鳥島周辺海域の資源量評価のため、試料採取を主とした調査を約100km間隔で実施し、捕捉された濃集海域ではさらに地点間隔を狭めて調査を実施する
  2. 技術分野の調査・研究のため、必要な泥試料の採取を行い、一部を学術分野にも提供して研究の促進を図る
  3. 将来の実海域実験等の際の環境影響評価のため、環境基礎調査を実施する

【2】技術分野の調査・研究

  1. 採鉱分野(採泥・揚泥)は、既存技術の応用により実現できる可能性が指摘され、実際の揚泥のためシミュレーション等を含めて検討を行う
  2. 選鉱・製錬手法は、システムの概念設計等を行う
  3. 残渣処理/脱水処理法については、既存の処理法の情報収集と比較検討等を実施し、処理方法を含めて概念を決定する

【3】生産システムの検討と資源ポテンシャル総合評価

上記の検討を基に生産システムの概念を定めて資源ポテンシャルの総合評価を行い、これらの事業化及び商業化に向けた検討の要点や課題等があれば抽出を行い、今後の計画を策定する

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.