> > 早稲田大のゼロエネルギーハウス 「重ね着」コンセプトで快適な省エネ

早稲田大のゼロエネルギーハウス 「重ね着」コンセプトで快適な省エネ

記事を保存
早稲田大のゼロエネルギーハウス 「重ね着」コンセプトで快適な省エネ

早稲田大学は、1月29日~31日開催の「エネマネハウス2014」で展示するゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)「Nobi-Nobi House~重ね着するすまい」が着工したと発表した。

「Nobi-Nobi House」は、鉄骨造でZEHを実現し、「重ね着」のコンセプトにより快適な省エネライフを提案する建物。ある一つの規格となる住宅をつくり、建築の外皮を地方・時期毎のあらゆる気候にあわせて変えられるような建築となる。

また、ブラインドや窓を開閉してエネルギー管理を最適化できるHEMS環境やエネルギーを可視化した有機EL照明などが組み込まれている。

着せ替え可能な空間をガラスなどで覆い日射を取り込み、半屋外空間を温室のようにすることで冬を温かく過ごすことも可能

着せ替え可能な空間をガラスなどで覆い日射を取り込み、半屋外空間を温室のようにすることで冬を温かく過ごすことも可能

「エネマネハウス2014」では、大学と企業の連携により、2030年の家をテーマに「エネルギー」「ライフ」「アジア」の3つのコンセプトの下、慶応大学、芝浦工業大学、千葉大学、東京大学、早稲田大学のコンソーシアムが、それぞれのモデル住宅を建設中。来場者は、モデルハウスの測定データをリアルタイムで確認するなど、最新の省エネ住宅を体験できる。場所は東京ビッグサイト 東雲臨時駐車場。事前受付不要。参加費無料。

「エネマネハウス2014」は、経済産業省が進める「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの標準化に係る調査・実証事業」の一環として、同期間中、東京ビッグサイト 東3ホールで行われる「ENEX2014/Smart Energy Japan 2014」の併催イベントの1つ。

ZEHは、高断熱性能、高性能設備機器と制御機構等との組み合わせによるゼロエネシステムの導入により、年間の一次エネルギー消費量がネットで概ねゼロとなる新築及び既築の住宅。東日本大震災以降、エネルギーセキュリティに関心が高まり、住宅についてもエネルギーを地産地消するZEHが注目されている。

「Nobi-Nobi House」の提案は、ZEHを国内に普及させるにあたり、技術的な課題の検証に加え、快適さの追求や、エネルギーマネジメントによりエネルギー供給元の偏りを減らし、気候・風土に合わせた暮らしや震災の経験等をふまえ、ZEHに付加できる機能を改めて明らかにし、さらに質の高い暮らしを探求することを目的としている。

【参考】
エネマネハウス2014 - 開催概要
早稲田大学田辺研究室 - Nobi-Nobi House

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.