> > 日本、南鳥島沖で海底資源の独占探査権利を取得 コバルトや白金など

日本、南鳥島沖で海底資源の独占探査権利を取得 コバルトや白金など

 印刷 記事を保存

JOGMEC(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)は1月27日に、国際海底機構の承諾を得て、南鳥島の南東沖約600kmに位置する公海域でのコバルトリッチクラストの独占探査権利を取得した。期間は15年間。

今回日本が確保した探査鉱区は1つが20平方キロメートルからなるブロックが150集まったもので、全部で3000平方キロメートルのエリア。これまで日本はコバルト・ニッケル・白金等のレアメタル資源を海外供給に依存していたが、今後の探査結果によっては、国内からの調達が期待できる。

(※全文:498文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.